LED照明やその安全性・基準の詳しい状況は下記のページもご覧下さい。
 ► LED照明・有機EL照明器具の選び方 ► LEDの演色性と青色光の安全性 ► LEDシーリングライト

LED2.jpg

╋╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥・・
           「世界LED照明産業年鑑2014」 9月16日発刊!
  【LED照明産業の動向と、照明機器メーカや材料・装置メーカの開発・事業の状況を網羅】
     詳細・ご注文は → http://www.global-net.co.jp/news-release/399-led2014.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋╋
2016年11月21日

button_15.jpg  15年のLED照明器具の市場は前年比9.2%増の4,913億円 LEDの比率が大きく高まる

エコノミックニュース 11/21(月)

 既存光源からLED光源へのシフトが進み、それに伴いLED照明に付加価値をもたらす照明制御システムの提案が進んでいる。富士経済は、国内の光源/照明市場と、グローバルの光源市場動向について調査した。その結果を報告書「Special Appli. 光源/照明市場 実態・技術・予測 2016年版」にまとめた。

 それによると、2015年のLED照明器具の市場は前年比9.2%増の4,913億円となった。住宅用でダウンライトやシーリングライト、オフィス・ビルにおける大口の新設・リニューアル案件向けで光源一体型ベースライト、工場や倉庫の高天井用照明器具のLED化が進んでいることなどが市場拡大に寄与している。今後も従来照明器具からLED照明器具への置き換え、新規導入によって市場の拡大が予想されるが、LED化の進行によりリプレイス期間が長期化することで、2020年以降は市場縮小に向かうとみられるとしている。

 需要分野別では、2015年時点のLED照明器具の販売比率は数量ベースで住宅用85.8%、オフィス・ビル用85.7%、店舗用77.4%、施設用85.4%、屋外用74.6%である。住宅用はLEDダウンライトが大きく伸びたこと、オフィス・ビルや施設用では光源一体型LEDベースライトの販売が好調であったことやHID代替LED照明器具の販売が好調だったことを背景に、前年に比べてLEDの比率が大きく高まったという。

 有機EL照明器具の市場は、2016年は22億円が見込まれ、2018年には100億円を突破するとみられる。アプリケーションの開拓による普及が進み、2030年には570億円が予測されるとしている。

 レーザーヘッドライトの世界市場は、2015年、2016年見込とも僅少としているが、2020年予測は102億円、2030年予測は880億円に拡大するとしている。自動車ヘッドライト用光源としてLEDの採用率が急速に上昇しているが、次世代光源としてレーザー光源を採用するヘッドライトが注目されている。レーザーヘッドライトは省電力化、軽量化、ヘッドライトユニットデザインの自由性などの利点により研究開発が進んでいる。

 現時点では欧州メーカーの一部の高級車種に採用され、追加光源としてLEDハイビームに加えて使用されているが、販売は限定的である。レーザー光源は光の直進性に優れており、アウトバーン走行時などの遠方照射で性能を発揮するため、欧州市場でハイクラス車種を中心に2020年以降搭載が徐々に進むと予想される。低価格化や寿命の課題などを解決する必要があるものの、LED光源よりも消費電力の抑制効果が高いためEVおよびPHVでの採用のほか、ヘッドライト周辺を自由にデザインできる利点により中長期的には普及が期待されるとしている。(編集担当:慶尾六郎)

Economic News
2016年10月31日

button_15.jpg  白熱灯と蛍光灯の禁止へ政府が方針、人体影響が懸念されるLED使用を奨励

6月 25日

朝日新聞(電子版・26日付け)が、「蛍光灯、実質製造禁止へ 20年度めど、LEDに置換」と題する記事を掲載している。

「国内での製造と国外からの輸入を、2020年度をめどに実質的に禁止する方針」だという。政府は、エネルギーを多く消費する白熱灯と蛍光灯について、国内での製造と国外からの輸入を、2020年度をめどに実質的に禁止する方針を固めた。省エネ性能が高い発光ダイオード(LED)への置き換えを促す狙いだ。

安倍晋三首相が26日に財界幹部を集めて官邸で開く「官民対話」で、省エネ対策の一環として表明する。

今月末にパリで始まる国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP21)に向けて、日本の温室効果ガス削減への取り組みを具体化する狙いもあるとみられる。

この記事は、途中から有料になっているので後半に何が書いてあるのかは不明だが、少なくとも記事の公開部分には、大切な記述が抜け落ちている。LEDが人体に及ぼすリスクについて書かれていない。大事な部分が欠落している。

記事に添付されている図(白熱灯・蛍光灯・LEDの長所と短所を比較したもの)にも、LEDによる人体への悪影響については触れられていない。

◇LEDによる人体影響

メディア黒書では、これまでLEDによる人体影響のリスクを取り上げてきた。おおむね次のような注視点があることが分かっている。

@目に悪影響をあたえる。最悪の場合は、加齢黄斑変性症など失明に至るリスクが指摘されている。
A睡眠障害の引き金になる。
B可視光線の特定の周波数で光る青色LEDに殺虫能力がある。これは東北大学の研究で明らかになった。
CLEDの照射で熱帯魚の背骨が変形したとする報告がある。

■LEDを4ヶ月浴びた熱帯魚の背骨がS字型に変形、原因不明も重い事実

確かにLEDが人体に悪影響を及ぼすとする説が、多様な研究によってすでに定説となっているわけではない。しかし、LEDを含む電磁波研究の歴史は浅く、電磁波による人体影響が本格的に指摘されるようになったのは、

1980年代に入ってからであり、最近になってわれわれの日常生活の中に入り込んできたLEDや携帯電話の通信に使うマイクロ波に至っては、まだ研究が始まったばかりなのである。本当に安全なのかは、今のところよく分かっていない。

当然、長期被曝による人体影響は未知だ。

研究が進むにつれてリスクが浮上した典型のひとつは、携帯電話のマイクロ波である。マイクロ波は、当初は安全と考えられていた。ところが2011年にWHOの外郭団体である世界癌研究機関が、発ガン性の可能性を認定した。その後の研究では、ごく微量の被曝でも人体影響があることが分かっている。

LEDも同じような道筋をたどる可能性がある。と、すれば「予防原則」を重視して、国策として使用を奨励する前に、安全なのか危険なのかを検証しなければならないはずだ。ところが安倍首相には、そうした視点がない。

いや、産業界の利権が絡んでいる可能性もある。

http://www.kokusyo.jp/led/9314/
2016年09月03日

button_15.jpg  NECライティング、揺れを感知すると自動で点灯する感震センサ搭載のLEDシーリングライト

Impress Watch 9月2日(金)

 NECライティングは、感震センサー搭載のLEDシーリングライト「LIFELED'S(ライフレッズ) グラン・クォリティ」シリーズを、10月1日より順次販売する。適用畳数8/12/14畳をラインナップし、価格はオープンプライス。店頭予想価格は、ハイスペックモデルが27,800円〜42,800円前後、スタンダードモデルが19,800円〜34,800円前後。

 感震センサーを内蔵するLEDシーリングライト。「Wのあんしん」機能を搭載。消灯時に震度4〜5弱程度の揺れを感知すると、昼光色100%で点灯し、電子アラーム音が30秒間鳴るLEDシーリングライト。さらに震災時に停電が起きた場合には、ほのかな光で部屋を照らすホタルック機能が作動する。もしもの時に、明かりがあることで不安を軽減し、家族の状況を即座に確認できるとする。

 ホタルックは、消灯後しばらくは周囲がほのかに見え、突然の停電時も淡いブルーグリーンの薄明かりが点灯する機能。「グラン・クォリティ」シリーズでは明るさが約2倍になり、点灯時間も従来比1.5倍の4〜5分まで延長。残光により周囲を確認できるという。

 昼光色と電球色ともに適用畳数を満たす明るさを可能にした「Wの大光量」を搭載。さらにハイスペックモデルでは、電球色でも適応畳数表示基準内を達成し、明るい電球色で食事やくつろぎの時間も過ごせるという。

 また、光色は21段階で調節可能。10段階の明るさ調整と掛け合わせ、210通りの明かりでユーザーの好みに応えるとしている。

 付属リモコンは、一部モデルを除き、操作性と視認性に優れた液晶リモコンを付属。留守タイマーやおやすみタイマー、感震設定やホタルックのON/OFFもリモコンで設定できる。

家電 Watch,河原塚 英信

button_15.jpg  <天皇、皇后両陛下>「照明学会100周年祝賀会」出席

毎日新聞 9月2日(金)

 天皇、皇后両陛下は2日、東京ガーデンパレス(東京都文京区)で開かれた「照明学会創立100周年記念祝賀会」に出席された。研究者や電力会社関係者ら約350人が集まった祝賀会で、両陛下は、青色発光ダイオード(LED)の開発でノーベル物理学賞を受賞した赤崎勇氏や天野浩氏らとにこやかに歓談していた。

 学会は照明に関する研究や調査などをしている。【山田奈緒】
2016年08月06日

button_15.jpg  「これまでにない色一貫性を」 オスラム、白色LEDで“10度ビニング”を推進へ

EE Times Japan 8月5日(金)

■「10度ビニングコンセプト」

 オスラム オプトセミコンダクターズは(以下、オスラム)2016年8月3日、白色LEDで新たに提唱する「10度ビニングコンセプト」に関するセミナーを開催した。



 ビニングとは、LEDの特性に応じて各素子を分類することである。LEDでは、CIE1931 2度 xy表色系が世界的に採用されている*)。しかし、「CIE1931 2度では、人間の知覚的色差を適切に分類することは不可能。10度ビニングを採用することで、色のばらつきを抑え、人間の感覚により近い表色系を実現できる」(オスラム)と語る。

*)CIE:国際照明委員会

 オスラムによると、CIE1931 2度表色系では、色度座標で同じ2つのLEDが、明らかに異なる白色の色合いを示す可能性がある。2度から10度に視野が移行することで、色知覚が一般照明アプリケーションに大幅に近づく。

 そこで、オスラムは現行のCIE1931 2度 xy表色系を、国際照明員会が2015年に開発したCIE2015 10度 u´v´で補完し、「10度ビニング」として実用化した。2016年3月には、10度ビニングを採用した白色LED「Soleriq S13」を発表している。これにより、色のばらつきを抑制することが容易で、単一の白色CoB(Chip On Board)LEDを使用するスポットライトやダウンライトで、均一な照明を実現するのに最適とした。

 なお、LEDでは狭いビニングで知覚色差を減少させるため、5SDCMから3SDCM、1SDCM(マクアダム楕円)といったANSI規格範囲が進行してきた。同社は「それでも、CIE1931 2度 xy表色系の欠点により、視覚的な色差は解消できない」と語る。



■新LEDチップ工場をマレーシアに竣工(しゅんこう)

 オスラムの2015年売り上げは、約56億ユーロ(約6000億円)である。そのうち、LED半導体を扱うオプトセミコンダクタ―ズは、約1500億円を占めるという。2016年7月には、ランプ事業を分社化し、レドバンスが誕生。しかし、中国LED照明の木林森が、レドバンスを約4億ユーロ(約460億円)で買収すると発表している。買収完了は2017年9月の予定だ。オスラムは、売却の理由について「事業の選択と集中による結果」と語る。

 今後は、照明市場における半導体ベースの技術移行によって創出される成長機会に向けた投資を行うとする。2020年までに約30億ユーロ(約3400億円)を投資する。約20億ユーロを研究開発に、残りの10億ユーロでマレーシアにLEDチップ工場を建設する計画だ。同社によれば、この新工場は、世界最大規模の6インチウエハー製造施設になるという。オスラムは、この成長機会に向けた投資を「ダイヤモンドイニシアチブ」と呼んだ。
2016年08月05日

button_15.jpg  日立、勉強や読書がしやすい「まなびのあかり」搭載のLEDシーリング

Impress Watch 8月4日(木)

 日立アプライアンスは「まなびのあかり」を搭載した子ども部屋向けのLEDシーリングライトを、9月12日に発売する。適用畳数8畳タイプ「LEC-AH802FM」と、6畳タイプ「LEC-AH602FM」の2機種で、価格はオープンプライス。店頭予想価格は順に、25,000円前後、20,000円前後(税抜)。

 子ども部屋向けに設計されたLEDシーリングライト。文字が見やすく、色鮮やかに見える「まなびのあかり」を搭載した点が特徴。主光源の昼光色と電球色のLEDに加え、青緑色と赤色のLEDを追加している。

 これにより、明るさは全灯の1.2倍にアップし、演色性においても全灯のRa85より高いRa92を実現。文字がはっきり見え色も鮮やかで、勉強や読書などの学びの環境を整えられるという。

 また、一般的に、子どもは太陽の自然な光で過ごすことで本来の色を学ぶという。「まなびのあかり」は自然なあかりに近づけており、勉強や読書などの環境を整えるとともに、遊びやおしゃれなど、子どもの生活をすてきに演出するとしている。

 このほか、光を広げるレンズを新設計し、光の取り出し効率を向上。さらに光源部のLEDモジュール配置の工夫などにより、畳数基準最大限の明るさと、高い省エネ性能となる固有エネルギー消費効率138.5〜140.4lm/Wを両立した。

 本体サイズは、524×125mm(直径×高さ)で、重量は2.1kg。定格光束は8畳タイプが4,299lm、6畳タイプが3,699lm。定格消費電力は8畳タイプが30.6W、6畳タイプが26.7W。

家電 Watch,西村 夢音

button_15.jpg  地元企業の中間決算 オプテックス・エフエー

京都新聞 8月4日

■LED伸び増収増益
 主力の工場自動化用センサーの需要は横ばいだったが、利益率の高い工業用LED(発光ダイオード)照明や変位計が有機ELディスプレーや太陽光パネルメーカー向けに伸び、増収増益を確保した。
 16年12月期は為替の円高などで下期に国内外の設備投資需要が鈍化すると見込み、研究開発費も計上予定のため増益幅は6月中間比で縮小する。
2016年07月29日

button_15.jpg  パナソニック、店舗用LED照明で特注対応

時事通信 7月27日(水)20時0分配信

 パナソニック <6752> は27日、店舗向けの発光ダイオード(LED)照明「TOLSO(トルソー)」の光の色を10月から特注で35種類以上にすると発表した。特注対応は業界初の試みという。

button_15.jpg  野菜のなる木?

日本農業新聞 7月29日(金)

 植物工場などを手掛ける「アイ・エム・エー」(東京都国分寺市)が、都内で29日まで開催中の「施設園芸・植物工場展」で初披露した。高さ約2.3メートル、直径約70センチの円筒形で、機器の中で種まきから収穫まで行う。

 立てた11本のパイプに取り付けた受け皿に、最大174株を同時に育てられる。パイプに養液を流して水分や養分を与える。中心部に白色発光ダイオード(LED)を取り付けた。小松菜やクレソン、ワサビナなど約20種類を育てられる。

 同社の池田弘社長は「収穫と同時に味わえる、本当の意味での取れたて野菜を提供できる」と話す。来春にも発売し、価格は70万円。(江口和裕)

日本農業新聞
2016年07月27日

button_15.jpg  ダイダン、エネ消費ゼロめざし実証棟――空調や照明、工夫随所に(エネ&エコ最前線)

[ 2016年7月6日 / 日経産業新聞 ]
 設備工事大手のダイダンが、年間のエネルギー消費量ゼロを目指す「ゼロエネルギービル」(ZEB)を推進している。4月に九州支社を全面改修し、同社が開発した最新の省エネ技術などを取り入れた実証棟に仕立て上げた。冷温水が通る配管を建物全体に組み入れるなどした結果、従来に比べエネルギー消費量が59%になったという。

 4月下旬に「ダイダン九州支社・スマートエネルギーラボ」(福岡市)が完成した。投資額は設備などを含め約10億円で、約1年がかりで改修。設計はダイダンとNTTファシリティーズが手掛けた。敷地面積760平方メートル、地上3階・地下1階の建物に、最先端の省エネ技術をふんだんに取り入れた。

 例えば床下や壁、天井裏には、地中からとった冷温水が流れる配管を設置。暑いときには冷たい水を建物全体に流すことで、「部屋内をじんわり冷えるようにできる」(ダイダンの中村真・技術研究所所長)という。これにより建物内の空調設備は従来ほど高い性能にする必要がなくなった。

 また、屋上には66平方メートルの大型採光窓を設置する一方、建物内は吹き抜け構造を利用して地下1階まで光が届くようにした。昼間は照明を点灯しなくとも一定程度の明るさが確保でき、電力の節約につながる。

 太陽光発電を用いる際の電力の損失にも配慮した。太陽光発電は直流で電気に変換される。電化製品をコンセントに差して使う際には交流に変換する必要があり、変換の過程で5〜10%程度の電力が失われていた。

 そこでダイダンは直流のまま使える発光ダイオード(LED)を建物内の全照明に採用した。職員2人あたりに1つ割り当てられる個人用空調も直流のまま利用できるようにした。こうした取り組みで電力の損失を防ぐことは「他にはほとんど例がない」(同社)。

 同社が近年開発した省エネ技術も組み込んだ。例えば、空調機と照明器具を一体化した「シーリングフリー」と称する製品。空調と照明の一体型タイプのほか、照明と火災報知機を一体化し、設備導入のコストを削減。発光面を湾曲することで小さい電力でも部屋が明るく感じられる。

 通常のLEDに比べて消費電力は約3割減。しかも照明と空調は専用のアプリを使って、個人のスマートフォン(スマホ)から操作可能だ。

 また、玄関には「イオン・ドロップ」と呼ばれる独自装置を導入した。微小粒子物質「PM2・5」や花粉を効果的に取り除くものだ。

 装置は空調ダクトに取り付けられ、イオンの性質を利用して来訪者の衣服から粉じんを払い落とす仕組みだ。粉じんは空調の吸い込み口に入ってフィルターで処理。建物内へのPM2・5や花粉の侵入を防ぐ。

 中村氏は、単に省エネを実現するだけでなく、利用者にとって「快適でなければZEBとは言えない」と指摘する。

 ダイダンは13年に埼玉県の技術研究所に省エネ技術の研究棟を開設し、取り組みを進めてきた。今回の実証棟ではZEBの達成度合いを検証するほか、自社技術を顧客に提案する場としても活用する。産学連携の研究プロジェクトも進めていく方針だ。

(寺井浩介)

【表】実証棟に導入する主な技術

シーリングフリー
空調と照明などの一体型設備、導入コストや電力消費を削減

イオン・ドロップ
PM2.5や花粉の建物への侵入を軽減

床下や壁の配管
冷温水を流して温度調節、空調による電力消費を削減
照明の省エネに関心のある方、応援クリックを!>>>
インテリア(照明) ブログランキングへ


即日発送!照明 HOKUOH LAMP:ホクオウランプ 北欧風モダンデザインペンダントライト 全4色 インテリア照明 天井照明 デザイナーズ エコ LED電球対応 LCPL-0025 ダイニング モノトーン 送料無料 お洒落 ライト TOLEDO トレド【osaka_HL2int_SP】

価格:14,700円
(2013/8/9 07:53時点)
感想(649件)

【クーポンで500円オフ】スタンドライト フロアスタンド照明 リビング 照明 フロアランプ 間接照明 室内ライト 照明灯 スタンドライト ナイトライト フロアライト(ルームランプ) おしゃれ オシャレ 癒し スタンド【30日間返品保証】 【送料無料】

価格:6,980円
(2013/8/9 07:46時点)
感想(2018件)

フロアランプ フロアスタンド レビューを書いて500円割引!税込3,420円!『wooden base floor lamp』スタンドライト【四角柱】【フロアライト】【間接照明】【フロアー】【ライト】【インテリア】【スポット】【スタンド】【照明】【激安・格安】

価格:3,270円
(2013/8/9 07:50時点)
感想(655件)

フロアランプ スタンドライト シェードランプ デザイン照明 ウェーブライト[照明 間接照明 インテリア スポット スタンドライト 北欧家具 北欧照明 フロア]

価格:4,400円
(2013/8/9 07:52時点)
感想(134件)

照明 器具 和室 ダイニング スタンド シェード LED電球対応 スタンド照明 フロアスタンド ラウンド スクエア 円柱 インテリア 家電 フロアライト 間接照明器具 インテリア照明 スタンド照明 明かり 灯り リビング 家具 アジアン 激安★シェードランプ ルミエール〔Bタイプ〕

価格:3,360円
(2013/8/9 07:54時点)
感想(279件)

TOSHIBA スリムNext FVH95405RP 【照明★シーリング】

価格:9,729円
(2013/8/9 07:55時点)
感想(0件)

LGBZ1200LEDシーリング照明幅φ500・高135〜8畳調光タイプ

価格:13,860円
(2013/8/9 07:58時点)
感想(0件)

【送料無料】太陽光発電&LED照明システムセット【店舗・駐車場・倉庫・会社・玄関・看板灯など幅広くご利用頂けます】【さらにレビュー記入でオマケ付】【楽ギフ_包装】【RCP】

価格:158,000円
(2013/8/9 07:59時点)
感想(0件)